新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

納骨堂にかかる税金とは?

納骨堂とは屋内における遺骨の収蔵施設のことで、最近ではこれを利用する人の数が増えています。

特に三大副都心と言われて多くの人が来ることの多い新宿には色々なタイプの納骨堂がたくさんあるので、それぞれの希望に合ったところを選びやすいと言えます。

ここではこの種の墓に関して、税金などの特徴や新宿での選び方などを書いていきます。

 

納骨堂には色々な特徴があります

納骨堂の場合には、一般の墓に比べて費用がかなり安くなるというメリットがあります。

この場合には契約期間内では個人的な形となり、しかも後継者が追加で費用を払えば期間を延ばすことができます。

そして多くの場合は33回忌以降になると永代供養墓などに安置されることになるので、墓の後継者がいない場合や将来の管理などが不安な場合にも安心して依頼することができます。

また、この場合にはロッカー式などの色々なタイプから選ぶことが可能なので、その点でも希望するところが選びやすいと言えるでしょう。

そしてこの種の墓では雨のときでもお参りがしやすかったり、宗教を問わないところが多かったりするなどのメリットもあります。

また、管理や供養も依頼した寺や霊園に依頼できるのでその点でも不安がないと言えるでしょう。

そして、税金に関しては永代使用料、管理料には固定資産税はかかりませんが、管理費は消費税の対象となります。

また、永代供養料は相続税の課税対象となります。

ただ生前契約を行えば遺族が相続税を払う必要はないので、永代供養の納骨堂にする場合には生前に契約を考えてみると良いでしょう。

 

新宿でのこの種の墓にはこんなところがあります

新宿でのこの種の墓としてはアクセスがしやすいところが多いということや、宗教や宗派が不問のところなどの他、年会費や管理費などが無料のところもあります。

また、タイプとしては自動搬送式で専門のカード一枚だけでお参りができるようなところや、モニターで故人の映像や写真が見られるところ、女性専門の個人墓など、独自の内容のものがたくさんあるので、できるだけ多くのところの情報を得て希望に合ったところをしっかりと選んだ方が良いでしょう。

また、雰囲気に関しても非常に歴史が長く昔からという感じのところや非常に近代的なところもあるので、実際に行ってみてその外観を自分でチェックしてみることもおすすめします。

さらにこの種の墓では参拝ブースがしっかりと仕切られているようなところもあり、それぞれが自分達の墓をゆっくりと希望に合った感じでお参りすることもしやすいと言えます。

 

この種の墓を選ぶ場合の注意点について

このような墓は非常にメリットが多いと言えますが、一般的な場合には遺骨の収蔵期限が設けられているのでこの点に注意した方が良いということや線香や水かけなど、普通の墓では自由にできるようなことができない場合があるので、そのようなこともよく考えて選ぶようにすることが大切です。

そしてこのようなところでは、夫婦や親子で安置されることが可能であるため、一般の墓を希望していたような人達にも向いていると言えますが、それだけに家族も納得できてお参りがしやすいような場所や内容のところを選んだ方が良いでしょう。

また、最近では特徴が以前と違うような感じのところも出てきていて、契約期間の延長ができない場合などもあるので、それぞれの特徴に関して細かいところまでよく調べてみることが大切です。

 

納骨堂は屋内の収蔵施設のことで、これには色々なタイプが存在します。

そしてこの種の墓では永代使用料や管理料には固定資産税はかかりませんが、管理費は消費税の対象になり永代供養料は相続税の対象になるので、その点についてはよく考えてみた方が良いでしょう。

また、新宿の場合にはアクセスがしやすく、宗教や宗派がどんな場合でも利用できるところや、色々な外観のところ、そして自動搬送式の墓やモニターが使えるなどの独特の特徴を持つ墓も多くあるので希望に合ったところを選びやすいでしょう。

なお、この種の墓を選ぶ場合には、収蔵期限をしっかりチェックすることや線香などを使えないところがあるということを覚えておくことも大切です。

さらに最近では以前とは違うような特徴を持つところもあるので、それぞれに関してしっかりと調べてから選んだ方が良いでしょう。

サイト内検索
納骨堂関連コラム