新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

ロッカー式納骨堂とは?

ロッカー式納骨堂とは?

 

 

納骨堂の中でもロッカー式は人気が高いタイプです。
仏壇式や墓石式などハイグレードなタイプに比べると費用が安く済むため、とりあえず納骨できれば良いという方に最適です。

 

 

納骨堂の○○式とは?

納骨堂は施設によって様々なタイプがあり、それを一般的に○○式や○○タイプと呼びます。
誰もがイメージする納骨堂は仏壇式であり、個別スペースに仏壇が用意されていてお供え物をしやすいなど使い勝手の良いタイプです。
納骨堂にどんなタイプがあって料金がいくらなのか、これは施設によってピンキリです。
そのため、最終的にはいずれかのタイプを選ぶ必要があることからも、納骨堂の内容を比較しておくことは大切です。

 

ロッカー式とは?

ロッカー式は名前のとおり、個別スペースがロッカーによって区分けされており、ロッカーを開けた奥に遺骨があって、手前の狭いスペースにお供え物を置くことができます。
こちらもどのくらいのスペースを使えるのかは施設によって様々なので、同じロッカー式でも料金比較をしながら少しでもスペースが広いところを選ぶ方が、コスパが良いと考えることができます。

 

ロッカー式のメリットとデメリット

〇メリット

ロッカー式のメリットは料金が安いことであり、相場は約15万円前後です。
仏壇式になると30万円前後の料金が設定されていることが多いため、仏壇式のおよそ半額程度のコストで利用することができます。

〇デメリット
一方、ロッカー式のデメリットはスペースが狭いことです。

仏壇式のようにあれこれお供え物をできるほどのスペースがないので、人によってはロッカー式なら合祀の方が良いと思う方もおられるでしょう。
また、納骨堂を利用する目的の1つに参拝がありますが、ロッカー式は「ロッカーを開ける」というシステムなので、お墓参りをした時に一般的なお墓参りのようなイメージとは異なることから、多少はみすぼらしさを感じるかもしれません。
ロッカーを開けないタイプだったとしても、その狭いスペースからも有意義な時間を過ごしづらい側面もあります。

 

ロッカー式がオススメな人はどんな人?

基本的に参拝頻度が低い方にロッカー式はオススメです。
参拝は自分の中にある気持ちを整理することが主な目的ですが、そこには少なからず目の前にあるビジョンが影響しますね。
例えば、全く掃除が行き届いていないお墓へ埋葬した場合、あまりにも環境がひどいとお墓の引っ越しを検討したくなるでしょう。

それはビジョンのイメージが影響して、自分の気持ちを整理しづらいことから引っ越しを検討したくなるわけです。
納骨堂も環境による違いというのは少なからずあり、ロッカーを開いて供養してもなんだかスッキリしないという方もおられるでしょう。
週1や月1のように頻繁に参拝する方は、やはり参拝することに楽しさや魅力を感じるような環境の方が有意義な時間だったと感じやすいと思います。

また、参拝頻度が多い場合でも、供養の捻は目の前にある遺骨に届くのではなく、遺骨を納めている空間が全体的に死者の生活空間となっていて、納骨堂へ行くだけで供養になるという考え方を持てるなら、これはロッカー式でコストを抑えるのは非常にコスパの良い供養ですね。

 

まとめ

納骨堂のロッカー式はとにかく遺骨を納めることができればそれで良いと考える方にオススメです。

費用を抑えることができるのは大きなメリットでもあるので、低予算で納骨堂を検討している方はロッカー式をチェックしてみてください。
逆にお供え物やお墓参りなど遺骨の管理にこだわりたい方にとっては物足りないので、仏壇式のようにハイグレードなタイプを選ぶのがオススメです。

納骨堂はお墓と同じように維持費というのが1つのネックになるため、あまりお金をかけることができないという方はロッカー式を軸に納骨堂を比較していくと最適な利用先を見つけやすくなりますよ。