新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

新宿での納骨堂の名義変更は可能なのか

新宿での納骨堂の名義変更は可能なのか

納骨堂を家族で所有している場合、名義変更をしないといけないこともあるでしょう。
例えば、納骨堂の名義人が死んだ場合などです。
このような場合に名義変更をすればそのまま問題なく納骨堂を使っていくことができます。
とはいえ、名義変更時には気をつけておきたいポイントもあります。

 

名義変更をしてみよう!

○必要書類をそろえる

納骨堂の名義変更をするのは面倒なこともあります。
名義変更のやり方は納骨堂によって変わるものの、

納骨堂の名義変更の際には

世帯全員の住民票や戸籍謄本、そして納骨堂利用許可証などが必要となってきます。
加えて、誓約書を作成して提出しないといけないこともあります。

このように必要となる書類が多くあるので、どのような書類が必要となるか確かめて用意しておきたいところです。
逆に書類がすべて揃っていれば納骨堂を管理している業者に行けばその日のうちにすべて終わることもあります。

 

○名義変更は可能ではありますが、名義変更をしてもすべて好きなようにできるというわけではありません

例えば、名義変更をしても遺骨を好き勝手に移動することはできないことも。
住職などの許可を得ずに遺骨を移動したりすると遺骨領得等により罰せられる恐れがあります。
こうしたことも名義変更する前に十分気をつけておくと良いでしょう。

 

○他にも、名義変更自体が出来ないこともままあります

例えば、契約プランによっては該当期間が経過したら納骨堂の使用権が無効になってしまうこともあります。
この場合には納骨堂の名義変更もできません。
名義変更できずに使用権を失うと先祖の遺骨が勝手に合葬されてしまったり、他の場所に移されてしまうということもあります。

 

○また、名義変更時には契約プランも合わせて確認しておくと良いでしょう

契約プランも状況に合わせて名義変更時に変えたほうが良いこともあります。
特に上記で紹介したような契約プランの期間についてはよく承知しておくと良いでしょう。

場合によっては名義変更ができずに納骨堂の管理寺院などと揉めることがあります。
特に契約プランが失効していて、名義変更をしたくともすでに使用権が無効になっているために名義変更ができないことが多いです。
この際には弁護士などを雇って対応してもらうということも可能です。
そもそもこのような面倒を引き起こさないようにするためにも納骨堂を選ぶ際には十分に気をつけておきたいところです。

 

納骨堂を利用する際にはこんな点にも気をつけておこう

○気をつけるポイント

名義変更も少しトリッキーなものでもありますが、納骨堂利用時には他にも気をつけておきたいことがあります。

◆例えば、納骨堂に行く前には予約が必要なところもあります。

このような納骨堂だと利用しにくくて面倒なこともあるのです。
納骨堂も参拝ルールなどがありますから、こうした点については利用前に十分に確認しておくとトラブルも少なくなってくるはずです。

納骨堂によっては参拝毎に費用がかかるというところもあります。

例えば、お供え品が決められており、お供え品を専用の売店で購入しないといけないこともあるのです。
納骨堂を選ぶ際にはこのような追加費用についても十分に確認しておくことが大事です。

◆また、納骨堂にも宗派などがあります。

納骨堂は仏教式が多いものの、神教系の納骨堂もあります。
こうした宗教や宗派が異なればルールなどももちろん変わってきます。
特に宗派が異なると納骨堂の利用を断られてしまうこともありますから気をつけておきましょう。

 

このように納骨堂を選ぶ際にも気をつけておきたい事が多いものです。
納骨堂が使いにくい場合には他の納骨堂に切り替えるという手もあります。

サイト内検索
掲載永代供養墓一覧
東長寺結の会納骨堂 龍樹堂(りゅうじゅどう)
新宿御苑前聖陵(しんじゅくぎょえんまえせいりょう)
新宿瑠璃光院 白蓮華堂(びゃくれんげどう)
東福院 遍照殿(へんしょうでん)
龍善寺(りゅうぜんじ) 早稲田納骨堂