新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

一時預かりしてもらえる納骨堂がある

 

少子高齢化や未婚の人が増えたこと、子供や孫に負担をかけたくないなど、様々な理由から永久供養を選択する人が増えており、その際には永久供養墓だけではなく納骨堂を利用するという選択をする人もいます。

 

 

 

納骨堂について

本来は、墓がない人が一時的に預かってもらう場所というものでした。
急に身近な人が亡くなってしまった時に、遺骨を納める墓や供養方法が決まっていないということは珍しいことではありません。
亡くなってから新しく墓を建てるとなれば、納骨の四十九日に墓の完成を間に合わせることは難しいケースが多くなっているのはもちろんのこと、墓を建てるだけではなく、永代供養を選択する場合にもある程度まとまった費用が必要になってきます。

様々な理由から一時的に遺骨を預かってもらいたいということもあるのではないでしょうか。
そうなれば気になるのが、今でも一時的な預かりを行なっている納骨堂はあるのかという点になってきます。

 

一時預かりの申し込み条件について

一時預かりを行なっているのが、自治体が運営する霊園なのか、寺院が設置しているのかにより、必要となってくる書類や準備する物には違いがあります。
都内の自治体が運営しているところの場合に一時的に預かってもらう条件としては、亡くなってからどこにも埋蔵や収蔵していない遺骨であり、申し込みをするのは遺骨の親族であること、そして火葬許可証が必要になります。

自治体が運営する霊園の場合には、その自治体の区域内に住所があることが条件となっています。
自治体が運営する霊園の場合には、預かってもらっている期間中には、法要などで遺骨を持ち出すことはできない他決められているところもあるので気をつけましょう。

寺院に一時的な預かりをお願いする場合には、檀家の縛りがあるかどうかがポイントとなってきます。
一時的に預ける場合でも、宗旨や宗派を問わず預けることが出来るのかは寺院により違いがあるので、よく確認しておくべきです。

 

一時預かりによるメリットについて

一時的に預かってもらうことにより、金銭面で急にまとまったお金が準備できないという時に役に立つのはもちろんのこと、しっかりと管理してもらうことができるので安心することができます。
納骨方法がまだ決まっていないという際に、ゆっくりと考える時間を設けることができるという、精神面での余裕も生まれるというのもメリットといえるのではないでしょうか。

納骨方法について家族や親族の間でゆっくりと話し合うことができるので、慌てて納骨してしまい、方法に後悔してしまったり、後々親族間でのトラブルになってしまうということも避けることができます。

一時的な預かりでは、金銭面の負担も最小限に抑えておくことができます。
墓の建立や納骨堂での永代供養となれば、高額な費用が必要になってきます。
金銭面の工面に時間がかかるという場合にも、一時的に預けるだけならば経費の心配を最小限に押さえることができるというメリットも大きいといえます。

 

注意しておくべきポイントについて

一時預かりはその名の通り一時的な預かりということであり、長期間預かってもらうことはできないということは頭に置いておくようにしなければなりません。
墓の準備が整うまでの間や、期間内に新しい納骨先、供養方法を見つけるということを条件としているケースが大半です。

どうしても引き取ることができないという場合に備えて、更新制度を設けているところも多いですが、その場合には延長料金が発生します。
更新も何回までと決まっているので気をつけましょう。

 

一時的に預かってもらうことができるところは珍しくはなく、一時的に預かってもらえれば納骨方法を考えたり納骨先を探すなどの準備も余裕を持って行うことができるので、精神面での負担も軽減しますが、どこを利用するのかはよく考えて選びましょう。