新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

納骨堂の法要の流れを知ろう

お墓よりも費用面や管理面での利用しやすさがあるのが納骨堂になり、近年は利用する人が増えてきている現状があります。

法要をするときに、どのような流れになるのかも知っておくと没後に配慮しやすくなるといえます。

 

着ていく服装や掃除をするマナー

これからも増えつつある納骨堂で法要をする場合にはマナーは大切になりますし、気をつけたいことがいくつかあります。

まず服装ですが、黒を基調とした正装が望ましいのと喪服があればベストで、派手な服装は避けることで僧侶にも敬意を払う意味も込められます。

室内になりますので靴を脱いだ後にはスリッパなどを履くことが必要になり、ある程度は常備されていることもありますが、持ち物として用意しておくことです。

お墓などの場合には水をかけて綺麗に清掃することも可能ですが、納骨堂の場合には水をかけるわけにはいかないので、ウェットティッシュなどがあると綺麗に掃除ができます。

流れ的にもまずは周りを綺麗にしてから進めることになりますし、またお寺とはなれていて無人となっているところでは、お堂の掃除もしておくと感謝の気持ちを表せます。

汚れが気になるトイレなどは綺麗に使うことはもちろん、常に意識をして掃除をしておくと心まで洗われる気持ちになることも可能です。

 

日時を決めることもひとつのポイント

親族や家族が集まっていくことなるために日程を決めて法要をするときには、なるべくなら混雑する日程は避けたほうが無難といえます。

どのような日が危ないのかというと、週末や連休があるとどうしても人が集まりやすい日程となっていることも多く、混雑を予測して回避することがベストです。

そうすることによって法要をする際にスムーズにことが運びますし、混雑をしないことからもゆっくりとした時間を過ごすことができます。

また時間帯なども配慮する必要があるのは、お昼前で一番人が多く集まりますし、その他にも夕食などの前で夕方なども多いです。

これは終わった後に食事をして帰ろうという予定を立てていることでそうなってきますので、反対にその時間帯を避けることで混雑しないで済みます。

 

基本的な簡潔な流れを把握しておくこと

簡潔な流れでいけば、納骨堂では祀られているご本尊がありますので、最初に訪れたときには礼儀として手を合わせることをやります。

そして、故人の遺骨が納骨されているお壇にお参りをしますので、家族親族にも伝えて順番を間違えないようにすることです。

最後にやるのが納骨堂を管理している人がいる場合には、しっかりと挨拶をして帰ることになり、無人の場合には住所や名前などを記入するようになっています。

僧侶に頼んでおくことでお経を読んでもらうこともできますが、忙しく時間がない場合には短縮して進めることも多くなってきています。

中にはお線香がお焼香になっているところもありますし、ロウソクなども電機になっていて安全を優先しているつくりになっていることもあります。

これらの法要は故人との対面のときでもありますので、失礼のないようにマナーを守って順序よく進めていくことで気持ちよく終われます。

 

納骨堂での法要をする場合には服装などもマナーになりますので、派手な服装ではなく黒を基調とした格好でいくことが望ましいです。

また日程などを決める場合にも、週末や連休は避けてお昼前や夕方あたりは混みあうことから調整することも大事になります。

細かい点ではありますが納骨堂での流れは、本尊の前で手を合わせてお参りをしてそれから納骨されているお壇に手を合わせることです。

僧侶にお経を読んでもらった場合には時間なども気にかける必要がありますし、日程の関係で忙しいときには短い時間でも感謝の気持ちを表します。

また管理している人がいれば挨拶をして帰ることで、気持ちよく利用することができます。

 

サイト内検索
納骨堂関連コラム