新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

新宿区内の仏教系納骨堂を検討するポイント

仏教系の納骨堂を探すときのポイント

遺骨を納めるために、墓地より納骨堂が選ばれるケースがあります。
特に宗派を問わない点や、経済的なメリットを重視して検討する方が少なくありません。
立地面を考えると、新宿区内などの都心を対象とするとアクセスが良くて便利です。
宗派を問わない納骨堂が多くなってきましたが、大事な問題ですので遺骨を納める際に宗旨や宗派について気を遣うべきです。
厳しい制約が設けられているところでは、そもそも受け付けてもらえないかもしれないからです。
例えば、利用者の宗旨が仏教であれば、キリスト教など宗派が異なるところは難しいでしょうし、宗派を問わない納骨堂を探す必要があります。
以降では墓地よりも、納骨堂が選ばれるポイントや、都心の新宿区内で仏教系の納骨堂を探すケースを想定して、事例を挙げながらそのメリットとデメリットをみていくことにします。

 

墓地よりも納骨堂が選ばれる理由とは

墓地は屋外で遺骨を埋葬する場所であり、納骨堂は遺骨を屋内に安置して、一時的に預かる方式をとります。
納骨堂なら屋内に遺骨が安置されますので、雨天など天候を気にする必要がなくお参りできるなどメリットがあります。
一般的には、宗旨や宗派などの制約がなく、立地の良さや費用が安めであることなどから、利用を検討する方が多くいます。
例えば、生涯結婚をせずに独身を貫く人で、墓地を持つことを予定していないケースや、墓地建立の費用を調達できないような人たちに都合が良いからです。
立地の良い都心の例として、新宿区内にある納骨堂を検討する例を取り上げ、仏教を宗旨とするケースで、どのような事態が想定されるか考えてみましょう。

便利な都心の納骨堂を検討するポイント

新宿区内であれば、立地面で恵まれていますので、交通の便も良いのが大きなメリットです。
複数の路線が乗り入れていますので、交通手段の選択肢も多く利用しやすいからです。
都心の納骨堂は、最寄り駅から近いことも多く、都内在住の方であれば、会社帰りなど空いた時間に立ち寄ることも可能になります。
足の悪い年配の方であっても利用しやすいのが特徴です。
費用面でも年間の維持費が安く設定されていることから、経済的な負担が少なく済みます。
但し、地方在住の方で新宿区内の納骨堂を検討する場合は、遠方となりますので逆に負担となる場合があります。
また、期間が経過するといずれは、個別の管理から他の遺骨と合祀されて永代供養墓に移される場合があります。
線香が使えない、遺骨ある場所まで立ち入ることができない等、墓地場合と同様のお参りができないケースもありますので、親族でよく話し合うことが必要となります。

納骨堂の運営スタイル・宗旨と宗派の違い

納骨堂の宗教を考えることは、大事な問題です。
宗旨を問わないのか、宗派を問わないのか等の違いは大きく、正しく理解しておくことが大切です。
宗旨とは宗教のことであり、仏教やキリスト教などの違いを指します。
宗派とは、仏教系で浄土真宗や曹洞宗など、宗旨の中でも幾つかに別れていることを意味しています。
一般に自治体が運営している納骨堂は、無宗教であり宗旨や宗派を問わないところが多く間口が広い傾向があります。
また寺院が運営している納骨堂でも、宗派を問わないところが多くあります。
宗旨が仏教であっても、宗派を問わず受け入れているところが多くありますので、たとえ都心の新宿であっても探しやすいと言えます。
仏教系で宗派を問わないとしている納骨堂であれば、浄土真宗であって曹洞宗であっても受け入れてもらえますので、検討対象とすることができます。
都心にある納骨堂を利用することで、交通の便が良く、費用面で好都合です。
新宿区内の納骨堂を検討する例をみてきました。
この場合、都内在住であれば、立ち寄りやすいメリットがある一方で、地方の方は負担となるかもしれません。
納骨堂は宗旨や宗派にかかわらず受け入れてくれることが多く、仏教系の納骨堂を探している方にも見つけやすいと言えます。

掲載永代供養墓一覧はこちら