新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

納骨堂の維持費はどのくらいかかる?

都心などの納骨堂は主要な駅から利便性の高い立地にありますし、屋内設置型になっているため墓石とは違い天候に左右されずにお墓参りができるなどのメリットがあります。

申し込みをする時に遺骨を預かってもらったり、永代供養のための費用が発生します。

室内のエアコンで空調を整えたり清掃などを行う必要があるため、申し込みの費用とは別に管理費や維持費が発生することが多いです。

お寺や公営、民間によっても多少の違いがありますが、1万円から2万円前後になっています。

 

管理をするための費用が発生します

現在独身の人やお子様のいない夫婦はもちろん、お子様や孫のいるご家庭の方でもお墓の悩みを持たれている人が多く、墓石を購入せずに納骨堂を利用して遺骨を安置したい人が増加しているようです。

ロッカータイプや仏壇式、暗証番号を入力するカードを入れる機械式などの種類がありますが、墓石のように屋外に設置する必要がないため、天候に左右されず室内でお墓参りができるなどのメリットがあります。

基本的には申し込みをする時に、100万円から150万円前後の費用が必要になりますが、室内で空調を整えるための光熱費や共同スペースの掃除など管理などの費用も発生します。

お寺や公営、民間などで利用が出来ますが、管理をするための費用が必要になるため1万円から2万円前後の維持費を請求されることが多いです。

 

電話や受付で料金を確認しておきましょう

都心などの納骨堂は主要な駅から利便性の高い立地にあり、屋内に遺骨を安置しているため、雨天でもお墓参りができるなどのメリットがあります。

また納骨堂の場合は、交通の便が良かったり広い駐車場も完備されているので、マイカーでも移動がしやすいこともメリットといえます。

墓石を購入するよりも費用を抑えることができますが、遺骨を安置しているため定期的に掃除などのお手入れが必要になります。

お寺の場合は永代供養を依頼する人が多いですが、利用期間をあらかじめ決めている場合は管理費などが発生しないこともあります。

お寺や公営、民間によっても多少は料金が違ってくるので、電話や受付で確認をしておくと安心です。

一人で申し込む場合は50万円前後になっており、家族で利用する場合の初期費用は100万円から150万円前後です。

 

管理費は滞納させずきちんと支払いをしたい

両親や祖父母などの身内が亡くなり葬儀が終わって四十九日や一周忌の喪が明けると、納骨堂を利用して遺骨を安置したいと考える人が増えています。

以前は一時的に遺骨を預かってもらう人が多かったですが、現代はお墓を継承してくれる人がおらず永代供養を依頼したい人が増加しています。

申し込みをする時に利用するための料金や、永代供養に掛かる費用なども必要になってきます。

お寺や公営、民間によって多少は料金が違ってくるので、事前に確認をしておくと安心できます。

公営や民間などの場合は1万円から2万円ぐらいの管理費や維持費が必要になってきますが、一活払いが利用できたり割引が受けられるケースもあります。

運営をするためには費用が必要なので、管理費などを滞納してしまうと利用が出来なくなることもあるので、きちんと支払いをすることが大事です。

 

現代はお子様のいない人だけでなく、孫やお子様のいるご家庭でもお墓の悩みを持っている人が増えており、墓石を購入せずに納骨堂を利用したい人が増えています。

ロッカー式や仏壇式、機械式などの種類がありますが、屋内に設置されているので、天候に左右されずお墓参りができるなどのメリットがあります。

エアコンで空調を整えるために光熱費が必要ですし、共用スペースの掃除をするなどの管理に費用が掛かります。

申し込みをする時の費用とは別に、管理費や維持費などが発生することが多いです。