新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

ペットも納骨堂に納めることは可能?

大切なペットが亡くなった時はどのように供養をしたらいいのか分からない人もいるのではないでしょうか。現代では動物も人と同じように扱われています。そのため動物が亡くなった時も人と同じように供養をしてあげたいと考えている人が増えてきているようです。ここでは、最近とても利用者が増えている納骨堂にペットも納骨できるのかについて紹介します。火葬の方法や施設の利用料金についても紹介していますのでぜひ参考にしてください。

 

 

そもそもペットの火葬はどうしたらいいの

以前は動物が亡くなった時には庭などで土葬をするのが一般的でしたが、最近では動物が亡くなった時には多くの人が火葬をしているようです。市町村には動物などを火葬できる公営火葬場があります。そこで動物がなくなった時には火葬をしてもらうことは可能なのですが、一般的に公営火葬場は他の動物も一緒に火葬をするため遺骨を取り出すことができません。しっかりと自分で供養をしたいと考えている人は、火葬をした後に遺骨を取り出すことができる場所を探す必要があります。

最近では、ペットも人と同じように供養をしたいと考えている人が増えてきていることからペット専門の葬儀社も登場しています。このような葬儀場を利用することで個別に火葬もしてもらえて遺骨を取り出すことができるので、人と同じように供養をすることができます。庭のある一戸建てであれば自宅の庭で供養することもできますが、マンションでも動物と一緒に生活できる物件も多く登場し、このような庭のない場所で生活をしている人は供養方法が難しいと感じてしまいます。動物専門の葬儀社を利用することで納得できる供養をしてあげることができるでしょう。

どこの施設でもペットの遺骨を納めることができるの

火葬は動物専門の葬儀社に依頼をすれば、動物葬儀社まで持って行かなくても移動式の火葬車で火葬をしてもらうことも可能です。ただ火葬をした後の遺骨をどのように供養したらいいのかという疑問も出てきます。遺骨を自宅に置いておくこともできますが、できればしっかりとした場所で人と同じように供養をしたい人もいるでしょう。

現代では少子高齢化によりお墓の承継者の問題が発生して施設に納めて永代供養をしてもらう人が増えてきています。ベッドもこのような施設に納めて供養をしてもらいたいと考えている人もいるでしょう。動物を施設に納めることができるかどうかは施設によって違いがあります。施設によっては人の遺骨しか納骨できない施設もありますが、人と一緒に動物の遺骨も納骨できるような施設もあります。また動物専門の施設を運営している施設もあります。動物の遺骨を施設に納めたいと考えている人は、動物の遺骨も納骨可能な施設を探すことが大切です。

納骨堂を利用するときにはどのくらいの費用が必要なの

施設に遺骨を納める時に気になるのが料金ではないでしょうか。良い供養をしてもらえるなら料金は気にならないという人もいるかもしれませんが、できれば少しでも費用は抑えたい人も多いことでしょう。施設を利用する際の費用は施設によって大きく異なります。 安い所であれば1万円前後から利用できる所もありますし、高いところでは数十万円もするような施設もあります。高ければいい供養をしてもらえると考えてしまいますが、意外に低料金でもそれほどサービスは変わらないような施設もあります。

また、施設選びでは実際に施設に立ち寄ってどのような供養ができるのかをよく確認することが大切です。加えて、費用が安いところでは合祀となるのが一般的です。合祀とは他の動物の遺骨も一緒にして埋葬する方法です。それでも構わない人はいいのですが、個別に埋葬してもらいたいと考えていたのに料金だけで選んだがために合祀されてしまったといったことも起こります。合祀によって埋葬されると、もう遺骨を取り出すことはできません。このようなことが起こらないためにもしっかりと施設選びをしましょう。

 

動物を施設に納めることは可能ですが、 その対応は施設によって異なります。また施設によって料金も大きく異なることから、実際に施設に立ち寄ってどのような埋葬するのか、料金はどのくらいなのかをしっかりとチェックした上で遺骨を納める施設選びをしましょう。

サイト内検索
掲載永代供養墓一覧
東長寺結の会納骨堂 龍樹堂(りゅうじゅどう)
新宿御苑前聖陵(しんじゅくぎょえんまえせいりょう)
新宿瑠璃光院 白蓮華堂(びゃくれんげどう)
東福院 遍照殿(へんしょうでん)
龍善寺(りゅうぜんじ) 早稲田納骨堂