新宿で人気の納骨堂を比較ランキング形式で徹底比較

似ているようで実は違う!納骨堂と永代供養墓の違いとは?

似ているようで実は違う!納骨堂と永代供養墓の違いとは?

近年、少子高齢化や人口の都市部集中によるお墓離れが進んでいます。
一般的なお墓は継承制度となっており、代々のお墓を子や孫が受け継ぐこととなっています。
しかし、受け継ぐべき子や孫がいなかったり、仕事などにより都市部へ移り住む人が増えて、

お墓を受け継ぐことができなくなっているのです。

さらに、現代人の意識もお墓を重視する意識が希薄となってきているため、お墓離れが加速しているのです。

 

似ているようで実は違う!納骨堂と永代供養墓の違いとは

そんな時代背景に適応するかのように最近注目を浴びているのが、永代供養墓です。

○永代供養墓

永代供養墓とは、継承制度ではなく一代限りのお墓です。
契約期間に準じた費用を支払っておくと使用できるようになりますが、一般的なお墓の墓石などを購入するよりも安く済むのが特徴です。
管理やお布施などは発生しないため、お墓にかかるお金の心配をしなくても良く人気が出てきています。

 

○納骨堂

永代供養というと、樹木葬や草花葬、散骨などが代表的ですが本来、ここに納骨堂は入らないことをご存知ですか。

遺骨は火葬された後に、自宅などで保管され故人とのお別れをします。
そして、納骨を四十九日に合わせて行うのが一般的です。
しかし、お墓が無い人などはこの四十九日までに間に合わない人がいます。
そのような人のために、お墓が出来上がるまでの間、一時的に遺骨を預かってくれるのが納骨堂なのです。

 

○形態が変化してきている納骨堂

それが、最近は少しずつ形態が変化してきているのです。
最近の納骨堂は、お墓としての役割も果たすようになっています。
永代供養墓は、継承制ではないため供養してもらえるのは、基本的に1人です。
他の家族などが一緒に入ることはできません。

また、はじめから契約金期間が決まっており、その期間に準じて金額が決まっています。
しかし、納骨堂は契約期間がしっかりと決まっているわけではなく、費用を支払えば期間を延長することもできます。
そして、永代供養墓は屋外への埋葬がほとんどですが、納骨堂は屋内型となっています。

屋内での埋葬となる納骨堂は、ロッカー式や棚式などで個別に管理されるのが特徴です。
個別安置のため、子や配偶者などの家族が同じ場所に入ることもできるのです。
また、永代供養墓では、費用に永代使用料の他に管理費も含まれていて、一度支払ってしまえば追加料金などは発生しません。

しかし、納骨堂は年間維持費がかかることも多いです。
よくよく見てみると、ちょっとした違いがある納骨堂ですが、利用者の大半の人が一定期間の安置の後に合祀されるタイプの契約を行うため、納骨堂=永代供養墓と見られるのです。

 

時代の需要に合わせて変化する納骨堂

きちんと比較してみると、永代供養墓との違いがある納骨堂ですが、新しく出来てきているものはさらに永代供養墓との違いが分からなくなってきています。
例えば、納骨堂によっては夫婦や親子で安置してもらえるプランがあったり、契約期間を定められていて延長ができないプランなどもあります。

費用も永代供養墓のように、契約期間のみの費用で追加料金はないところもなんかもあります。
時代の需要に合わせて少しずつ変化してきているため、納骨堂と永代供養墓の差は分かりづらくなっているのは確かです。

これからの納骨堂は競争激化

お墓離れが進むにつれて、需要が高まっているのが、遺族が管理のしやすい永代供養墓や納骨堂です。
特に、都市部にある納骨堂は利便性の良さから人気がすでに集中しています。
さらに、高齢化のすすむ日本では高齢者の人数がどんどん増えていきます。
それに伴って、納骨堂の需要も増えていくでしょう。
そうなると、なかなか希望した場所が購入できないなんてこともあり得るかもしれません。
納骨堂は生前契約が行える所が多いため、早めに購入を検討することをおすすめします。